オグヒロユキ顔写真はこちら!ラオスで交際女性を殺害逃亡先は?

事件
事件

海外で日本国籍の男が女性を殺害して逃亡しているという衝撃のニュースが入ってきました。日本国籍のおぐひろゆきがラオスにて交際女性を殺害し逃亡した疑いがあるとの事で国際手配になっております。この男について詳しく調べてみました。2021年12月26に追記:オグ・ヒロユキがラオス警察に逮捕されました

ラオスで交際女性を殺害か

ノルウェー人女性を殺害した疑いで、ラオス警察は、日本国籍の男(38)を国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配した。  ICPOやノルウェーメディアなどによると、男の名前はオグ・ヒロユキ。今年1月、交際していたノルウェー人女性(30)をラオス中部の宿泊先で絞殺し、遺体を森に遺棄した疑いが持たれている。男の行方は分かっていない。2人はタイで知り合った後、ラオスを訪ねていたという。(バンコク=乗京真知)

出典:ヤフーニュース

おぐひろゆき、ノルウェー人女性殺害事件の詳細

・2020年1月、オグ・ヒロユキと交際していたノルウェー人女性のNerid Hooiness(ネリド)が

ラオス中部の宿泊先で絞殺され、1月22日ラオス中心部のジャングルで発見された。

・一緒に宿泊していたとされるオグ・ヒロユキの行方が分かっていない。

・目撃情報によると1月のはじめに宿泊先からオグ・ヒロユキにネリドが運び出されてバイクに乗せられるのを見たとの事だ。

・リネドを絞殺し、遺体をジャングルに遺棄した疑いで国際手配されている

 

オグ・ヒロユキのプロフィール

・名前 オグ ヒロユキ

・生年月日 1981 年9月29日(38歳)

・日本国籍

・国際刑事警察機構によると日本語に加え英語も話せる

・住所等は分かっておりません。

おぐひろゆき顔写真はこちら

・ラオスでノルウェー人の女性を殺害したとして国際手配され国際刑事警察機構(インターポール)に掲載されている、おぐひろゆきの顔画像がこちら

・タトゥーが両腕全体に入っているのが特徴的です。

画像引用:tokyoreporter

ノルウェー人被害女性はだれ?

オグ・ヒロユキが殺害したとされる女性は、


画像引用:dagbladet

・名前:Nerid Hooiness(ネリド・フーイネス)

・年齢:30歳

・ノルウェー出身

・ヨガに興味をもちインドでヨガのインストラクターとなった

・ヨガのインストラクターとしてアジアを旅行していた。

とても綺麗な女性です。ヨガのインストラクターとして第一歩を踏み出したところで未来を奪われてしまった。

オグヒロユキと女性の出会いはどこ?

ラオスの現地新聞によると、

・ネリドはヨガのインストラクターとしてタイのパンガン島を訪れた際に

オグヒロユキと知り合った。

・ネリドは知り合って2週間半で母親に結婚したいと告げていた

・もちろん母親には反対されていた

ネリドの異変

・母親は徐々に変わっていく娘に心配していた

・Facebookやインスタグラムにも変わった投稿がされるようになったとの事

・犯罪と麻薬の世界に入ってしまったとの証言もある

・二人はタイのパンガン島から新年にラオスに旅行に行った先で事件は起きた

・ネリドの最後の目撃情報はラオスのヴァンヴィエンの町にあるゲストハウス

・パンガン島からラオスへのドラッグを集めるための旅行にいっていたとの情報もある。

 

国際手配とは?

国際刑事警察機構(以下ICPO)が加盟国(190ヶ国)の各政府を通じて被疑者、行方不明者等の捜索をするための制度である

ある国で発生した事件の被疑者や、外国にいるが行方不明である者を捜索するために行う。しかし、被疑者が外国で逮捕されてもそれぞれの国の間で犯罪人引渡し条約を締結しているかの有無に関わらず、容疑者の身柄は事件を起こした国に送還され、逮捕される

・今回の場合ラオスでおきた事件ですが、ラオス国外に容疑者が逃亡しているため外国で逮捕されても、それぞれの国の間で犯罪人引渡し条約を締結しているかの有無に関わらず、ラオスに送還され逮捕されるという事になります。

おぐひろゆき逃亡先は?カンボジアか

詳しいことは分かっておりませんが、カンボジアに逃亡しているのでは?との情報がありました。

ラオスからはカンボジア、ベトナム等、日本とは違い地上で繋がっているため比較的逃亡、潜伏がしやすいのだろう。

仮に犯罪に手を染めているのであれば、仲間が逃亡を助けてくれているのでは?と思われる。

・彼はカンボジアのカンポット付近にいるかもしれない

https://twitter.com/XavierKotaro/status/1250059509676085249

・オグヒロユキはタイのバンコクにアパートを借りていてタイに逃げたと思われたが、最近カンボジアのカンポットで目撃情報がある

12月26日追記:オグ・ヒロユキ容疑者逮捕

東南アジアのラオスで、交際相手の30歳の外国人女性を殺害したとして国際手配中だった日本人の男が、逮捕されていたことが分かりました。  オグ・ヒロユキ容疑者は去年1月、ラオスでノルウェー人のネリド・ホイネスさん(30)を殺害した疑いが持たれています。  オグ容疑者は事件後に逃走し、ICPO(国際刑事警察機構)を通じて国際手配されていましたが、11月20日、ラオス警察に逮捕されました。

引用:ヤフーニュース

国際手配から2年近くたって、ラオス警察に逮捕されたようです

被害女性のご冥福をお祈りします

コメント